製薬会社の信頼性保証部ってどんなところ?


製薬会社の信頼性保証部門ってどんなところなのかご存知でしょうか?薬剤師を目指している方や、これから就職や転職で製薬会社をお考えの方に、信頼性保証部門についてご紹介します。
by purin014192
プロフィールを見る
画像一覧

製薬会社の研究・開発・MRなどの役割

新薬の研究を行う研究部門は製薬会社の今後を担う大切な部門です。

医薬品のシーズを探したり、非臨床試験(動物実験)などを担当します。

研究所内では、専門分野ごとの研究員たちとそのサポートスタッフが勤務しており、製薬会社の中でも最も創造力を使う部署ともいえるでしょう。

しかしここで見つけ出されたシーズも製品として世に出る可能性は極めて低く、研究結果が実を結ぶまでには数年から数十年単位でかかる事も多々あるので、根気が必要です。

一方、開発や技術の部門では、研究の部署が発見し、動物実験で安全が確認された新薬候補の物質を、製剤化をしてみたりと医薬品としての製造を行って販売許可を取得するのが主な仕事です。

また、製薬会社にはMRといわれる営業がいます。

MRとは(medical representative)の略で、一般企業の営業のような、物を売る役割よりも、医薬品の情報を伝えるという役割の方が比重の大きな仕事となっています。

MRは医薬品卸の仕事であって、MRは医薬品の対象となる疾患や患者さん、そしてその用法用量などを正しく伝えて理解してもらわなければなりません。

学術部門や研修簿門などのスタッフがMRに医薬品の専門的な知識を教えて、医師向けの売り込みをサポートしています。

[PR]
by purin014192 | 2014-01-17 16:15

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2014年 01月

お気に入りブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

製薬会社の研究・開発・MRな..
at 2014-01-17 16:15
製薬会社信頼性保証の非臨床試験
at 2014-01-14 16:13
ブログはじめまーす。
at 2014-01-09 17:59

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧